一般社団法人自動車査定協会ってどのような機関か

車を売却するときには、査定を受けることが多くなります。査定をする人のことを査定士といいますが、この査定士の技能向上や査定士の登録管理を行っている団体が、日本自動車査定協会という団体になります。

車の査定を受けるときに、それぞれの会社が独自に査定基準を決めてしまうと、中古車の価値自体も買取店によってまちまちになってしまいます。ですが、日本自動車査定協会という中立、公正な機関が定めた基準によって査定を行うことで、どの買取店でも同じ基準で査定をしていることになり、中古車の流通に透明性が出てきます。日本の中古車市場はこの日本自動車査定協会に登録している査定士に支えられて市場が形成されているということになります。

日本自動車査定協会で査定士として登録されるためには、中古自動車査定士技能検定試験に合格する必要があります。この試験を受けることが出来るのは20歳以上の方で、自動車運転免許を保有していることや、自動車の販売店や整備の経験が半年以上あること、さらに日本自動車査定協会が指定した所定の研修を修了しているといった条件があります。小型車査定士の場合にはふつう運転免許以上、大型車査定士の場合には、大型第一種免許以上の保有が必要です。

Both comments and pings are currently closed.