ダイハツの歴史

HA型三輪車で1931年に始まったダイハツの歴史。1953年に
三輪乗用車Beeを発売すると、1957年には、軽三輪のミゼットをとうんつう下。
日本で初めて本格的なマーケティング調査をした甲斐もあり、ミゼットは一大ブームを
興したのである。ヒット作となったのである。

現在50歳以上の人は、昭和の町を元気に走り回るミゼットの姿を良く覚えていることだおう。
1960年には現在もコンスタントに売れている軽貨物車であるみぜ
ハイゼットの初代モデルが登場。1963年にはコンパーノのバンを
翌年イはセダンのベルリーナを登場させて、乗用4輪といえジャンルにも進出を果たした。
1966年いhさ軽乗用車フェローを発売。水冷2ストロークエンジンに4輪独立懸架という
高性能を誇り、当時にの軽自動車としては画期的な100キロ巡航を可能にした。
1967年にはトヨタじづしゃと業務提携を結ぶと、1969年には小型乗用車
トヨタパブリカのボディとを流用させたコンソルテを発売した。1974年には
カローラをベースに曽田シャルマンを登場。

車 買い替え タイミング

Both comments and pings are currently closed.