最近の三菱

いわゆるバブル経済の崩壊で他社がトーンダウンしていた90年代も
1990年のミニカトッポ、ディアマンテ、GTOに始まり、
1991年にはのRVR,1994年のFTO,パジェロミニなど
数多くの新型車を積極的

に市場に投入した。ちなみに、4WDスポーツとして
高い人気を誇るランサーエボリューションも、初代モデルは1992年の登場だ。
2000年にもプラウディア・ディグニティという高級車を登場させたが
リコール隠しの不祥事以降はペースダウンを余儀なくされる。
新たにデビューしたモデルも、コルトやアウトランダーのような
どちらかというと真面目さがうかがえるような車ばかりだった。
革新的だったのが、卵のような形状をした軽自動車i。
派生モデルのi-MiEVは他社に先がk手2009年に登場した量産EV電気自動車だ。
近ごろは三菱伝統の小型車ミラージュの名称を復活させたり、
モデルチェンジしたアウトランダーにEVもでるをラインアップするなど
三菱は再び本来の活気を取り戻しているように思える。

車 買い替え 時期

Both comments and pings are currently closed.